生パスタが美味しい小禄の「ピーノ・ヴィーノ」に行ってきた。

ピーノ5


たまに違うチャンネルで同じCMが同時にやっていたら嬉しいのはよしおです。




食欲の秋。

沖縄は秋って季節がないに等しいけど、今年は例年より涼しくなるのが早くてちょっと秋っぽい季節を感じています。

そして秋なので外食ばかりの今日この頃。

今日の日記も自己満食レポ日記です!





小禄の生パスタ屋ピーノ・ヴィーノ!



IMG_0283.jpg
手作り感溢れる看板も親しみやすいです。


カフェトラットリア ピーノ・ヴィーノ。

店内はテラコタ、松の木(ピーノ)の温もりに包まれて、イタリア料理とワイン(ヴィーノ)を楽しんでほしいと、國場オーナーシェフ。看板、外観、インテリアは、ほとんどがオーナー自らの手作り。
人気メニューはピッツァとパスタ。契約農家より直送される新鮮なハーブを使い、ピッツァはサクッとした食感がたまらない。自家製生地のオリジナル。パスタは手打ち生パスタにこだわり「ツルッ」と「モチモチッ」とした食感を大切にし、味だけでなく、食感も楽しめる。

引用:ぐるなびより




「友達のお父さんがやってるパスタ屋さんがあるよ!!」


というので今回初めて行ってみました。


58を豊見城方面に走って小禄の漫画倉庫をちょっと過ぎたところにあります。
通り沿いにあるので知ってる人も多いのでは。





店内はカジュアルなトラットリア風



IMG_0278.jpg



お店はかなりカジュアルなトラットリア風。

堅苦しくなく気取っていないインテリアで落ち着けます。

広さはややこじんまりとした印象のお店。



IMG_0279.jpg

BGMも静かなジャズが小さな音で流れて店内は静かめ。

道路側のテラス席は他の席とは離れていて更に静かな空間。

テラス席がいいです!






こだわりの生パスタが美味しすぎる!


IMG_0277.jpg


「当店のシステムについてご説明します。」



友達のお父さん、無表情で淡々とメニューについて説明します。

聞くところによるとお父さん、淡々と説明することで有名らしい。笑

一見無愛想で淡々としているけど説明はわかりやすく実に丁寧です。

たまに笑顔も見せてくれます。



「パスタは種類も多いのでどうぞごゆっくり迷われて下さい。」




迷われて下さいって日本語的にちょっとおかしい気がするけど、確かにパスタの種類は多くて迷われました。


ピーノ2
乾麺と生パスタが選べましたが勿論生パスタに!



ピーノ
魚介のトマトソースパスタ


ピーノ6
アサリのバジルソースパスタ



パスタ・・・絶品です!


手打ちの生パスタ、期待通りツルツル・モッチモチ!!で歯ごたえもあってウマすぎる。
平麺(フィッチーネ?タリアッテレ?)なのでソースを吸い込みよく絡んで美味しい。


「フィッチーネとタリアッテレの違いって何だろう?」という素朴な疑問が吹き飛ぶくらい美味しい!


どのパスタもイタリアンパセリでなくて水菜を盛り付けているのもこだわりなのだろうか!


男性にとってはちょっと量が少ないかもしれません。
美味しいので気づいたらあっという間になくなっていた!

沖縄BON!!(沖縄のローカル情報バラエティ番組)でも取り上げられたらしく、
それが店内で結構アピールされていました笑






ピーノ3
デザートのモンブラン。


「ケーキはショーケースからお選び下さい。今日は8種類ご用意しています。」


は、8種類〜!!

ピーノ・ヴィーノはどうやらケーキでも有名らしいです。

私はケーキの良し悪しはよくわかりませんが、モンブランも美味しかったと思います。





リーズナブルにイタリアンを堪能。


パスタは単品で1,300円〜前後ぐらいで本格イタリアンがリーズナブルな価格で堪能出来ます。

前菜+スープ+ドリンク+ケーキ セットの組み合わせも選べるのも嬉しいです。

メインの肉料理や魚料理も次回は食べてみたいなあ・・・

そしてピザもパスタも美味しいらしい・・・

友達のお父さんスゴイなあ〜!



IMG_0282.jpg

▪️ピーノ・ヴィーノ
tel:098-859-0415
住所:沖縄県那覇市高良3-3-17 コーポナガミネ 1F
営業時間:11:30~15:30(L.O.14:30) 18:30~23:00(L.O.21:30)
定休日:月曜日
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する