オッサンだけでレンタカーで南九州旅行に行ってきた。鹿児島市・桜島編。

三振の時、オーバーにアクションをする主審が好きなのはよしおです。



「南九州旅行に行こうぜ!」

友人から突発的なお誘いを受け、3月の仕事がクソ忙しい時期に南九州へ3泊4日の旅行へ行ってきた。

しばらく全然旅行してなかったので、久々で楽しみ!

それにしても南九州って。
中学生の頃の修学旅行で熊本県に行ったようなイメージしかない・・・

とりあえず思い出に写真多めで旅行日記書いていく。
鹿児島・桜島編から。



Sponsored Links

     



・鹿児島空港で待ち合わせ。


IMG_6197.jpg 


夜から私は一人で普通に飛行機で那覇空港から鹿児島空港へ。

友人は、すでに沖縄からフェーリーで鹿児島へ到着していた。


「LCCの時代に、長時間フェリーで渡航は必要な経験だからな!」


必要性がある経験なのかよく分からんけど、
友人はフェリーで28時間かけてやってきたらしい。
(しかも予定到着時刻より3時間遅延したらしい笑)


仕事の都合上、私は超時間フェリーにかけれる時間がなかったので別々に来たわけだ。


D07Tv87U4AAdf-v.jpg 

↑フェリーの様子。
頭のところに気持ち分仕切りがあるくらいである。
(ちなみに追加料金を払えば、個室ベッドも可。)

車と一緒に渡航したい人には今でもフェリーの需要はギリギリあるそうだ。
友人は車と一緒でも何でもなかったけど。

仕事の都合で私はフェリーに乗れなくて良かった。
非常に残念だった。



・鹿児島市観光!

1日目の朝は鹿児島市を適当に観光。
写真と共に思い出を書いていく。


IMG_6206.jpg 

宿泊したホテルの目の前に、照国神社の鳥居があった。
国道に普通に鳥居が建ってるのがなんかカッコイイ。




IMG_6205.jpg 

西郷隆盛さんの銅像。

「西郷さんってもっとラフな着物着て犬連れてなかったけ・・・!」

それは上野公園にある西郷さんの銅像だった。
そのイメージが強くて、鹿児島市の西郷さんはおめかして高い所にいてイメージと違った。

ちなみに、西郷さんの後ろに見える緑色の建物はラブホテルである。



IMG_6201.jpg 

ただの道路の写真だが、奥にあるのは「国道58号線」なのだ。
沖縄県民なら馴染みのある国道58号線がここまで伸びてるってなんか感動した。




IMG_6211.jpg 

鹿児島市の展望台からは桜島が見えた。
アホみたいに真ん中に突っ立てるのは私だが、おかげで桜島が見えない、邪魔である。



IMG_6218.jpg 

鹿児島市にはクレープの自動販売機があって、200円くらいで瓶に入ったクレープが買える!
ストロベリーレアチーズのクレープめっちゃ美味しかった。
普段クレープ食べないから味の良し悪しがわからんけど。


朝っぱらから天文館も行ってきたが、どの店もまだ営業してなかった。
夜になると美味しいもので活気つくんだろうな・・・



・フェリーで桜島へ



IMG_6219.jpg 

レンタカーのままフェリーに乗って桜島へ!

レンタカーを頭から乗せて、出るときはそのまま前から直進して降りて出口で料金精算。
合理的なシステムに感動した。




IMG_6222.jpg 

桜島で初めて行った場所が「桜島自然恐竜公園」だった。

桜島と恐竜に何のゆかりがあるのか分からんけど、無理やり観光スポットにしようと大人が頑張った結果の恐竜達のシュールさにホッコリした。



IMG_6221.jpg 

ティラノサウルスじゃないよ、「アロサウルス」だよ。


「ティラノサウルスって、実はあんなにカッコよくないんだよ。
最近の研究で実は大きなニワトリみたいな姿だったって分かったんだ。」

そこで友人が夢が壊れる雑学を私に教えてくれた。


IMG_6223.jpg 

恐竜さんの足が火山灰で埋もれていたよ。



IMG_6225.jpg 

巨大なブラキオサウルスもいたよ。
これは大きくて大迫力!

シュールな恐竜たちの奥には普通の公園にいるパンダさんもいたりして、コンセプトに若干のブレがあった。
ちなみに、私達以外の観光客は皆無だった。


廃墟もあったよ・・・


IMG_6237.jpg 

普通に営業してたっぽいホテルの廃墟もあった



IMG_6231.jpg 

天井エアコンが落ちそうで落ちずに垂れ下がってるのがカッコイイ。



IMG_6232.jpg 

太いシルバーの配管ダクトが堪らなくカッコイイ。
何か入ってそうな冷蔵庫は恐る恐る見たけど中身は空だった・・・。




・有村溶岩展望所は絶景!



IMG_6243.jpg 

展望所のポイントが何箇所かあり、全部まわると結構な道のりを歩かなくてはならない。
迷わず最短で行ける「あすま屋」を選択!




IMG_6244.jpg 

遊歩道の脇には沢山の溶岩が積み上がっていた。
こんな岩が山から降ってきたって考えたら噴火の自然パワーって本当に恐ろしい!



IMG_6253.jpg 

「あずま屋」からの景色!快晴で一面に空と山が広がって絶景〜〜!!

写真じゃなくて肉眼で見れて体感出来て良かった。
広角レンズが初めて欲しくなった。

有村溶岩展望台は他の展望ポイントもあったけど、「あずま屋」が駐車場から一番近くて一番高い位置にあり眺めが一番良くてオススメ。


・黒神埋没鳥居は必見!!



IMG_6256.jpg 

桜島で一番行きたかった場所、「黒神埋没鳥居」!


もともと高さ3Mあった鳥居は大正3年の大噴火で僅か1日で火山灰で埋め尽くされこのような姿に・・・。
大自然の脅威が現在まで残されてるのは感動。

奥には中学校があり、ちょうど給食時間で子供達が給食の食缶や食器を運搬していた。
現在と歴史が混在してる空間が神妙的でした。

ちなみに、鳥居手前に無人有料駐車場があります。
これはワナで、鳥居の目の前に無料駐車場が普通にあります。
引っかからないようにしましょう。



・ランチは「CAFE しらはま」!


IMG_6264.jpg 

桜島の農家さんが営業するオーガニックカフェ。
目の前に海も見えてちょっと沖縄っぽい雰囲気。

「サービスで大根の唐揚げあげるわね❤️」

愛想の良い店員のお姉さんにサービスされた。
大根の唐揚げなんて初めて。
桜島産の大根らしいけど、食感が柔らかくて美味しかった。



IMG_6266.jpg 

ワンプレートランチ。

100パーセント鹿児島産で桜島で採れた野菜を出来るだけ使用してるらしい。

オーガニックで胃に優しく優しい味付けで美味しい。
何より彩が良いし健康になれそう!


IMG_6267.jpg 

デザートにはシフォンケーキとコーヒーも美味しくいただいた。

「お兄さん達、カッコイイわね〜!
20代かしら??」

店員のお姉さんが言ってくれた。
33歳のオッサンだが、お世辞でも20代って言われると嬉しいものである。

噴火で溶岩が赤く光っている写真があって、噴火は怖くないんですか?って聞いてみたら、


「噴火なんて日常茶飯事よ。
噴火を見ながらビール飲んだりするわよ〜!
夜中の噴火は怖くないよ、毎日のことだから気にしてられないんですよ。」


おお、なんて逞しいんだ・・・!
桜島は至るところに避難シェルターがあって噴火と隣合わせの生活で怖いものだと思っていたけど、
住民は意外にも慣れており強いものなんだ。

地元の方とお話して生の声が聞けたのは旅行ならではの楽しさだった。



・まとめ

長くなったけど、鹿児島は人生初だったのと、桜島は行きたかった場所なので行けて良かった。

桜島をあとにして次は宮崎県へ行ったけど、続きもブログ書く元気あったら思い出に書きたい。


Sponsored Links

     
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する