地方で独身者は迫害、結婚できない男、孤独死はしたくない。

IMG_6126.jpg 


「踊るポンポコリン」以外、BBクイーンズの曲を知らないのはよしおです。


「よしおの日記」をご覧の皆様、2019年、明けましておめでとうございます。
絶賛冬休み中で、時間を持て余しているので久々にブログ更新です。

昨年のブログ投稿数は年間2件」でした。


ブログというものは、更新しないとアクセス数も激減するワケで、
全盛期は1日1000〜2000PV程度はあり、



2847.jpg 


↑リアルタイムは閲覧は「MAX:2847」を達成した当ブログですが、


昨日の訪問者数は「32人」でした。笑


放置プレイのクソコンテンツに、1学級の人数くらいのお客さんが来てくれてるのはありがたいです。




Sponsored Links

    



結婚できない男。



いきなりですが。

私は33歳で独身。
長い間、彼女すらおりません。


私は沖縄に住んでいるのですが、地方の田舎というものは、なぜか周りは結婚するのが早い。


高校の卒業式の時に妊娠してた女の子もいたし、
大学生で「出来ちゃた婚」もいたし、
20代前半で結婚する人たちも多く、
20代後半で結婚するのが一般的で結婚ラッシュ、お祝儀ラッシュ。
30〜32歳の時期は「お前もか」って人も身を納めたりします。
30半ば〜 独身者は全国的に見てもかなり少ない割合です。



つまり、沖縄では『30代半ば〜で結婚してない人』は異常者扱いされてしまいます。


(あの人、あの歳になっても結婚出来てないなんて、よっぽどの問題があるのかしら・・・ヒソヒソ)


街を歩けば何処かでそんな声が聞こえてしまいます。


独身者は、
社会的にマイナスなレッテルが貼られ、
世間から迫害!
残酷で悲惨な待遇を受けてしまいます。

私は男ですが、沖縄で女性で独身の人は更に風当たりが厳しいかもしれません。。。

「異常者扱い」「迫害」は冗談で大げさに書きましたが、上記まではいかかなくても、やはり多少は気負いして生きて行く覚悟がいるのは事実です。

仕方のないことですが、これが地方、島国を生きる民の現実なのです。




と、そんな環境で生きている私ですが、冬のクリスマスから年末年始にかけてがMAX孤独を感じる期間なんですヨ!!!


私は、同じくらい彼女がいない親友(同士)と例年冬の戦いを乗り越えてました。


毎回、年越しの度に、


「来年こそは彼女作って結婚したいよな〜 ハハハ。」


と、男同士で初詣しながら、叶うかも分からん夢を語るのが定番となってました。



(コイツに彼女が出来るワケないヨ。)


お互いに心の何処かで思いながらも、定番の年越しがいつまでもいつもでも続くと思ってました。




しかし・・・! 2018年の夏、事態は急変!!

親友に、彼女が出来やがった 出来たのです。

親友は奇跡を起こし、(同士→卒業者)へ!



「そろそろ喧嘩した?もう別れそうかな?😊」


と会う度に聞くのですが、とても可愛い彼女さんとのお付き合いは頗る順調らしいです。




孤独死はしたくない。



そんなこんなで、今回は「真・孤独」な年末年始を過ごしました。
今までは心の支えだった親友も、もはや雲の上の存在に。


私は今はまだ、30代前半だけど。

40代、50代、60代・・・

それでも「独り」だったら・・・。

周りは家族、子供、いや、孫に囲まれてホクホクしてる時、吉野家で独りで牛すき鍋膳を食べていたら・・・。



ヒィィィィィィん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!




西野カナより震えます。
牛すき鍋膳は美味しいけど。




ということで、2019年は趣味は程々にして、婚活頑張ります!!


6日は新春バドミントン大会楽しみだな〜!
ボルダリングも久々にやったらやっぱり楽しいしやりまくるぞ〜!
あと一つ、何か楽しいこと始めたいなあ〜!



Sponsored Links

    
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する