タイトルの意味は?アニメ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」感想・ネタバレ

打ち上げ花火 下から見るか? 横から見るか? 


打ち上げ花火を真下から見たいのはよしおです。


久々の映画感想ブログです笑

映画・アニメ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を見てきました。

爆発的大ヒットを記録した「君の名は。」を明らかに意識して制作された映画。

声優陣も、菅田将暉、広瀬すず、松たか子など豪華声優陣に加え人気俳優を起用してることから、ヒットにかける意気込みが伝わってきます、



タイムループ系な映画が好きな私は予告編から期待をして見に行きましたが、



「久々につまらない映画を見てしまった」



っていうのが率直な感想です。
鑑賞後にネットで評価を見たら低評価の嵐にも納得。


今回は、映画・アニメ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

・大まかなあらすじと感想
・長いタイトルの意味は?
・登場人物に魅力がない
・菅田将暉と広瀬すずの声が
・良かった点


あくまで個人的な感想をツラツラと書いていきます。



Sponsored Links

    


・大まかなあらすじと感想



打ち上げ花火、 


夏休み、とある海辺の町。
花火大会を前に、「打ち上げ花火は横から見たら丸いのか? 平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。
そんな中、典道が想いを寄せるなずなは、母親の再婚が決まり転校することになった。
「かけおち、しよ」
なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。
それを見ているだけで助けられなかった典道。
「もしも、あのとき俺が・・・」
なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつける。
すると、いつのまにか、連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた・・・。
何度も繰り返される一日の果てに、なずなと典道が辿り着く運命は?
 
繰り返す、夏のある一日。
花火が上がるとき、恋の奇跡が起きる。

映画「打ち上げ花火下から見るか?横から見るか?」



かけおちしようとする男女が何かと問題発生する度に、謎の玉(もしも玉)を投げつけて時を戻して上手くやりなおすよって話です。



⚫️時間の巻き戻しとあらすじ。


【第1球目】
プール競争に勝った方と花火デートに行くと決めたなずな。
典道は勝負に負けてしまい、なずなは友達の祐介とデートすることに。
しかし、祐介は何故かデートをすっぽかし、なずなの脱出計画も母親に阻止されてしまう。
(勝負に勝っていれば)典道は「もしも玉」を投球!タイムスリップ発動。

【第2球目】
プール競争に勝利した典道。
なずなと花火デートに行くはずが、なずなはこのままかけおちしようと持ちかける。
しかし、駅のホームでなずなの両親に見つかって引き戻されそうになる。
制止しようとした典道は、なずな・母の再婚相手に鉄拳をくらい失敗。
(あの時連れ出せていれば)投球、タイムスリップ発動。

【第3球目】
今度は鉄拳をヒラリとかわし、なずなと電車に乗り込むことが出来た典道。
電車でイチャついてるところを、「打ち上げ花火は横から見るとどうなるか」と約束してた同級生たちと車で追ってきたなずな両親に見つかり失敗。
(見つかっていなければ)投球、タイムスリップ発動。

【第4球目※花火師のオッサンが投球】
なずなをシートに押し倒し、今度は見つからずにすんだ二人。
(ここから謎のファンタジータイムに突入)
電車は方向を変え海の上を突然走り出し、空は幻想的な空間が広がる。
幻想的な世界の中で二人が見た花火は「変なかたちの花火」であった。

浜辺で酔っ払ってた花火師のオッサン。「もしも玉」を花火玉と間違え空に打ち上げる。
空で粉々に割れて散り落ち行く「もしも玉」と共に二人は幻想的な世界から現実へ戻っていく。




⚫️「もしも玉」の意味は?


「もしも玉」は何を意味しているのか?
疑問は最後まで一切回収されないまま終わってしまいます。


唯一手がかりとなった描写としては、

なずなの父が死んだ海に「もしも玉」らしきものがあった、というぐらい。

それ以外は何も説明はありません。


それに終盤はタイムスリップの話から、急に謎のファンタジータイムに突入します。

本来は美しい幻想的な描写に感動すると思いますが、展開についていけず逆に冷めてしまいます。


個人手なツボだったのが、神秘的な「もしも玉」がアップになるシーン。
よく見ると中に「IF」の文字があるところも滑稽に思えてもはや苦笑いになってしまった。



⚫️ラストシーン、結末。

幻想的な世界から現実の世界へと戻ったあと、夏休みが終わり二学期が始まったいつもの教室の様子が映し出されます。

転校してしまったのか、なずなの席は空席。

そして出席点呼を取るのですが、先生が主人公の名前を呼んでも返事はなし・・・

というシーンで終了。

エンドロールが流れ始めます。


え?主人公となずなはどうなったの?
「もしも玉」に続いて二人の行方も謎のまま物語は強制終了してしまいます。


エンドロール後、何かヒントになる映像があるのかな?って見てましたが、一切何もありませんでした。





・長いタイトルの意味は?



キャプチャ69 


印象的なタイトル。
映画を見る前は誰もが
(このタイトルにはどんな素敵な意味があるのだろう・・・!)
ってワクワクしたと思います。

ですが、タイトルに大した意味はないって思いました。
寧ろ「映画のテーマと合っていないのでは?」と疑問の方が強い。



打ち上げ花火を下から見るか?横から見るか?

「見る場所」の見え方によって主人公男女の運命が複雑に時間の巻き戻しと交差していく・・・

なんてのは一切ありません。



というか、「打ち上げ花火」を何処で見るかなんて、典道となずなには全然関係ない事なのです。


それに、典道の同級生の友人達が「横から見たら丸いのか?平っぺたいのか?」と「見え方」を問題にしてるだけで、下か横か?と「見る場所」がどうとかは問題ではないような。


印象的なタイトルにストーリーが全く伴ってなく、ただ残念な印象だけが残ります。



・登場人物に魅力がない。



主役の二人を始め、登場人物の言動が意味不明で誰にも魅力を感じず感情移入が出来なかった。


・主人公、典道:終始ナヨナヨ。要所要所で男らしい一面も見せるがなずなの事が本当に好きなのかよくらからない。なずなとの約束をすっぽかした祐介に急に殴りかかるシーンはポカーンとさせられる。

・なずな:なんかエロい。メンヘラも入っている。自分でビッチの血が流れてると発言もする。また突然電車の中でミュージカルシーンが始まりここもポカーンとさせられる。

・祐介:なずなとの約束を何故すっぽかしたのか意図がわからない。巻き戻した後、「オレ、なずなに告白するからな」と熱い思いを言われても一貫性がなさすぎて全然入ってこない。

・なずな、母:電車を車で追いかけるシーンは強烈。あと思ったけど、電車って車で追いつけるほど遅いの??車はともかく、祐介達が走って追いかられるレベルの速さなの?と物理的な違和感が。

・なずな母の再婚相手:「なんだお前は」と典道に鉄拳を振りかざすバイオレンスな大人。

・三浦先生(担任の先生):オッパイデカすぎ。



・菅田将暉と広瀬すずの声が。



今回主役の二人を演じた菅田将暉さんと広瀬すずさん。


話題性を狙ったと思われますが、主役の典道については違和感が終始ありました。

少し高めのトーンで叫んだりするところは良かったのですが、
ボソボソと喋る場面のところは「菅田将暉」感が凄く出ていました。

なんていうかアニメの典道の顔より俳優「菅田将暉」の顔が強く浮かんでくる感じ。

「君の名は。」で神木隆之介さんが演じた時はそれは感じなかった。

俳優と声優はやはり違う物なのかなあ。


広瀬すずさんは声優二回目という事もあってか上手く声色を使いこなせていたように思います。

個人的に広瀬すずさんの声はかわいくて大好きなのもあるが。



・良かった点



タイムスリップ後の世界を映像やセリフで表現してた場面がいくつかありました。
そこはタイムループ系の映画の醍醐味のメタファーがかけらえてて良かったです。


・現実世界では風力発電の風車は時計回りだが、タイムスリップ後は反時計回りになる。

・現実では花火は横から見ても「丸い」が当たり前と言っていたが、タイムスリップ後は「平たい」が当たり前となり、実際の花火も平たかった。現実世界とは違う世界である事を示唆。

・担任の先生の彼氏が、「お前の胸こんなに平べったかったけ?」とデカすぎるオッパイの丸さと花火をかけていたセリフ。


私が見ていて気がついたのはこんな感じ。
他にも細かい描写とかあったかもしれないな、もしかしたらそこに映画の魅力が隠されているのかも。





・まとめ



「君の名を。」を見て、さらに予告編を見て期待が必要以上に高まっていたとしても、つまらない映画だったなあ〜と思います。

きっと「映像やセリフから核心を読み取れ!」って主旨な映画だとは思いますが、
それにしてもヒントが少なすぎるし登場人物の行動が雑でついていけませんでした。

私は映画よりも、エンドロールに流れたDAOKO×米津玄師』:「打ち上げ花火」の曲の方がずっと感動しました。


二番メロから歌い出す米津さんの声が素敵すぎて。

映画で一番良かったのは米津さんの歌声でした。←


Sponsored Links

    


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する