お洒落な観葉植物!初心者も簡単ウンベラータの育て方と沖縄の販売店




3連休初日、洗車終了後10分後に大雨に襲われたのはよしおです。

今年が始まってもはや3ヶ月以上が経過し、もうすぐ新年度の4月を迎えようとしています。
そんな時期に今年2回目の更新です笑

31歳のオッサンが引越しを行い、
憧れだった観葉植物のウンベラータを買ったので、今回はそれについて紹介します。
(買ったのは去年の11月末だよ)


Sponsored Links


 

・人気観葉植物ウンベラータ。

  • ウンベラータとは 

フィカス・ウンベラータ
クワ科の植物。 熱帯アフリカ原産の常緑高木で、インドゴムノキなどと同じイチジク属の仲間である。独特の樹形とハート型の大きな葉が特徴で、観葉植物として人気が高い。日照と高温多湿を好み、夏期は戸外で管理が可能だが耐陰性もあるため通年室内で生育できる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/フィカス・ウンベラータ

お洒落雑誌とかお洒落カフェとかによく置いてあるあの観葉植物。

もう鉄板中の鉄板で、お洒落な空間に置いてないと政府から弾圧されます。


私も部屋に大きな観葉植物を置いて気取りたい人間の一人で、ウンベラータも憧れの観葉植物でした。

しかし、私の前の部屋は1Kで狭く、大きな植物は置けませんでした。


諦めてたけど、引越しして広めの部屋になったので、憧れのウンベラータを置くことに!



・沖縄で探すのは大変だった



私は沖縄県中部地方に住んでいます。

そこで気に入った観葉植物を探すのは割と大変です。

ウンベラータは沖縄のホームセンターに売ってなく、お洒落な雑貨屋さんや専門店にしかない。




ある観葉植物屋さんに問い合わせたら、


「1m50〜80cmのちょうどいいのあります!^^」


急いで遠路はるばる行ってみたら、

実際には、2m50cmぐらい(部屋に入らん)で、全然ちょうどよくありませんでした。


私のウンベラータ探しは難航しました・・・。




・ウンベラータ購入!




ウンベラータ 

そんなこんなで出会ったのがこのウンベラータ!

那覇の観葉植物販売店の「Green goods」で購入しました。


大きさは150〜160センチの理想の大きさ。

カタチもYの字のシルエットで理想通り。




ウンベラータ2 

葉っぱもハリのある綺麗なハート型で、かなりいい状態!

オーナさんが大切に手入れされているのが分かりました。




ウンベラータ幹 

購入のポイントとなった幹の曲がり具合。

太めのしっかりとした幹でS字を描き湾曲しているところがかわいい。



店内には他にも7個ぐらいウンベラータがあり、20分ぐらい←迷いましたが、

「ご自分が本当に気に入ったのにして下さいね^^」

とオーナさんは笑顔で対応してくれました。





ウンベラータ 鉢 

鉢は白の細長い円形の陶器にしました。

鉢から土が見えるのが嫌だったので、ホームセンターの石を詰め込みまくり。

最近よくある藁を詰め込んでもお洒落かも。




●購入したウンベラータの価格


・価格は鉢込みで9,000円。(鉢が4000円)


相場はよくわからないけど、

ウンベラータはとても健康的な状態でこの価格。

いい買い物をしたと思っています。




●ウンベラータの運搬方法


・車に乗せて運んだ。笑 


軽自動車の助手席に乗せてアパートまで運びました。

意外に小さな軽自動車にスッポリと入りました。

しかし、助手席に「大型植物」を乗せてるのが趣味な人に見られそうです。

でも、アパートの部屋まで階段で一人で運ぶのはしんどかった。

女性はキツイかも。


前もって言えば、配達も可能らしいです。




●オーナーさんがいい人。


「Green goods」のオーナーさん。


熱心にウンベラータの育て方や注意点を教えてくれて、とにかく良い人でした。

「もし害虫など発生したら特製の薬品あるから電話してね!」

と丁寧にアフターサービスまで。


沖縄の観葉植物販売店のなかでもとても良いお店だと思います!


ウンベラータの他にも、

モンステラ・ザミオクルカス・アルテシーマ・リフレクサー・・・など。


店内には沢山のかわいい植物たちが所狭しとありました。

ウンベラータ以外でも観葉植物をお探しならかなりオススメです!




・ウンベラータ育て方。



ウンベラータは初心者でも育てやすい観葉植物。

育て方を簡単に紹介します。



●ウンベラータの水やり


ウンベラータは季節により、水やりのタイミングが変わってきます。

⚫️春・秋
鉢底から水が出るまでたっぷり目に与えます。
・1・2日に1回程度
⚫️夏 
乾きやすい季節なのでたっぷり多めに。
・乾き始めたら与える
⚫️冬
・2・3日に1回程度

※霧吹きで水かけは通年行います。



●温度・日当たり


⚫️温度は5度以上あれば育つ。夏の暑さにも大変強い。
⚫️室内でも十分育つ。日当たりの良い場所で。夏は直射日光に当てない。


※たまに日光浴をさせるのもいいらしいです。
 急激に太陽の光をあてると「葉焼け」の原因にもなるので少しあてるくらいが良い。


オーナさん曰く、毎日の「換気」も大事なポイントだそう。

綺麗な空気をウンベラータにも与えると丈夫に育つそうです!



●(参考)私のウンベラータ

住まいは沖縄。
部屋の角に起き、直射日光を避けて換気も行い育ててます。

水やりは現在2・3日に1回程度。
水の量は400mlくらいあげています。

現在、4ヶ月ぐらい経過してますがグングン元気に育ってます。


見た目もお洒落でありながら初心者でも簡単に育てられるのが、ウンベラータの魅力です。



・おまけ・写真紹介


最後に、以前置いてたパキラの紹介と、私のウンベラータの自己満写真を紹介します。
暇つぶしにご覧ください、


IMG_0027.jpg 


↑前のアパートで育ててた写真の「パキラ」。
ウンベラータを置く前、とりあえずリビングの角に置いてました。



IMG_0028.jpg 

小さすぎて、いじめられて部屋の端っこに追いやられてる感じに。
(パキラは現在寝室へ・・・)

パキラの紹介は以上です。





●ウンベラーを置いた感じ

ウンベラータ5 
(初めて置いた初日)



ウンベラータ6 
(わざわざイームズチェアと並べてインスタでっぽく編集した)




ウンベラータ3 
(最近・テーブルから窓をみると横にいる)



以上、ウンベラータの自己満写真紹介でした。


・まとめ



いかがだったでしょうか?
大人気の観葉植物であり鉄板中の鉄板のウンベラータ。

今更私なんかが紹介するまでもないと思いますが、
これから育てようと思っている人の何かの参考になってくれたら嬉しいです。


Sponsored Links


 

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する